Archive for the Category »Article «

Savoy – first stop in Åndalsnes – 10/08/04

元記事:Evy Kavli in Åndalsnes 英訳:Jakob S. 翻訳:Mayumi

大きな期待とともに。Savoyがノルウェー・ツアーを開始することを決めたとき、最初のコンサートの場所として選んだのは、RaumaRockフェスティバルだった。Savoyのメンバーが一緒にプレイするのは7年ぶりになる。土曜日に行われたRaumaRockの屋外ステージでは多少サウンドのトラブルがあったものの、そのことでメンバーが意気消沈してしまうことはなかったようだ。

Åndalsnes Avisの記者は、ローレンと、ポール・ワークター=サヴォイにバックステージで会うことができた。ずいぶん前にノルウェーで初めて行われたSAVOYのコンサート以来である。

コンサートはどうでしたか?

「とても良いオーディエンスだったわ。観客の中には世界中からやってきたファンの姿も見かけたわね。聞いてのとおり、ライブの始めに技術的な問題があって、ポールはちょっとパニックを起こしてしまったの」とローレンは笑う。

ポールは奥へ引っ込んでしまった。相変わらず寡黙な人だ。しかし、妻のローレンは違った。

お2人のどちらがボスなのでしょう?

「うーん、それを議論し始めると長くなるわ。なんとも言えないわね」とローレンは笑う。しかし、二人の共同作業はうまくいっていると指摘した。

「ポールがプロダクションの天才だということは言っておかないと!」

ポールはあなたの苗字を名乗っていますが、なぜそうなったのでしょう?

「良いと思わない?なぜいつも逆でなければいけないの?アーティストとして、ポールは力がある人だということを証明していると思うわ。名前がどちらでも関係ないはずよ。」

なぜ、今の時期にノルウェーツアーをすることになったのですか?

「8月に新しいアルバムを出すの。だからできるだけのことをしたいのよ。2枚組CDができるくらい曲はあるのだけれど、後で出すことにしようと決めたの。今では息子のトゥルー・オーガスト(5歳)もツアーについてこられる年齢になった。でもツアーの生活は楽ではないわ。まるで子供を大学に入れるようなものね」とローレン。

子供の話がでましたが、今後、もっと子供を作る予定はありますか?

「そうしたいところよ。でもわたしの卵子にいつそうなるか聞いてみないと」とローレンは冗談を言う。

a-haと競争しているように感じていますか?

「いいえ、それはないわ。わたしも今ではいろいろとやる時間ができたし、ポールはa-haを優先することもあるでしょう。どちらのバンドも同じくらい大切よ。」

『雨』についての曲が多いですよね。お二人にとって、天気は重要なテーマなのですか?

「ねえ!天気について話さない人はいるかしら?」ローレンは笑って、両腕を上げる。確かにそのとおりだ。

さて、お決まりの質問をするとしよう。

Romsdalenの自然についてどう思われますか?

「とても美しいところね!今朝、ジョギングに出て、どこを見わたしてもすばらしい山々に囲まれているので感激したわ。」

ノルウェーにまた引っ越してきたいと思いませんでした?

「いいえ、それはないと思うわ。わたしはここの冬には耐えられないのよ。気温が低くなることではなくて、冬の暗さがだめなの。」

どんな将来を思い描いていますか?

「ずっと健康で元気に人生を楽しむ方法を学んでいきたいわ。決まり文句に聞こえるでしょうけれど、そうあり続けるのは結構難しいことだと思うの。一番大事なのは『ここに居続けること』かな。自分がどこの出身だというみたいにね」とローレンは締めくくった。

ポールは近くにいた。手短に自己紹介してから、Åndalsnes Avisのジャーナリストは、サヴォイ夫妻とドラマーのフロード・アンランドのグループ写真を撮った。そして彼らは8月13日におこなわれるØya Festivalへと出発した。その後しばらく間をおいて、9月の半ばに再びノルウェーツアーが始まる。

Category: Article

Kunstpausen over for Savoy – 10/08/04

元記事:Jonas Tjersland in VG 英訳:Jakob S. 翻訳:Mayumi

ポール・ワークター=サヴォイと妻のローレンは、スタジオでの作業に飽き飽きしている。今、Savoyファミリーはスタジオの外へ出て、人々の前で演奏したがっているのだ。

今度の土曜日(訳注:「金曜日」の間違い)に、Savoyは、ノルウェーでは7年ぶりになる公式コンサートを行う。ポールと妻のローレン・ワークター=サヴォイは、今週末にRaumaRockでも演奏する予定だ。しかし、Øya Festivalへの参加は重要な意味があった。ツアーを始めるきっかけとなったのは、フェスティバルに出演するバンドのブッキング担当者、クラース・オルセンからの一本の電話だった。それがSavoyをコンサートの冬眠生活から目覚めさせたのである

「(電話をもらったのは)ちょっとうれしかったよ。クラースは、去年の11月に何曲かの初期バージョンを聴いたらしいんだ。どこで音源を手に入れたのか知らないけれどね。とにかく、電話をもらって、イエスと返事をすることにしたんだ。僕らは、このフェスティバルに参加するべきだと感じたんだよ」とポール・ワークター=サヴォイという。

Middelalderparkenで行われるコンサートは、8月30日発売予定の彼らの5枚目のアルバム『Savoy』のリリースにさらに加速をつけた。

「プレッシャーを感じながらプレイするときは、いつだって緊張するんだ。でもこんな反応をもらえるのはうれしいね」とポール。

前アルバム『Reasons to Stay Indoors』は、3年前にリリースされた。それからというもの、ポールは、a-haと、今度6歳になる(訳注:5歳の間違い)息子のトゥルー・オーガストにかかりっきりだった。a-haのスターは、妻と一緒にニューヨークのアパートに暮らしている。そこで、アルバムのほとんどが制作された。

「曲をここに持ってくると、曲を作った場所から明らかに影響を受けていることに気づくよ。土を捜し求めてニューヨークのど真ん中に座りこんでいるようなものだね」とポール。

「ええ、このアルバムはニューヨークからたくさん影響をうけているわ」とローレン。

マグネ・フルホルメンのように、ポールも自分のレコード会社を始めた。パートナーは妻のローレンとドラマーのフロード・アンランドだ。ユニバーサル・ミュージックのSonet社から配給される。これまでにバンドが売り上げたアルバム総数は約20万枚にしかすぎない。しかし、ポールはセールスの数字にはあまりこだわっていない様子だ。a-haのソングライターをつとめるポールにとって、Savoyの売り上げを心配する必要はない。

「ヨーロッパを担当するマネージャーがひとりと、イギリス、アメリカの担当が一人ついている。この仕事に家賃の支払いがかかっているわけではないんだ。外国に売り込みに行くことが目的ではないんだ。フロードをがっかりさせるだろうけど」とポールは笑う。

バンドは、9月20日から1ヶ月におよぶノルウェーツアーを開始する。女性メンバーのみのバンド、Furiaから新たにベーシストのマヤ・ヴィクも加わった。

「まるでAbbaみたいだよ」とポール。幼いトゥルー・オーガストと一緒にノルウェーを旅することを心待ちにしている様子だ。

「小さい場所でこそ最高のギグができるんだ。子供も同行しているから、かっこいいライブにしようと計画を練っているよ」とポール。

VGの『Whalebone』のレビュー(ラジオシングル、発売元:Eleventeen/ユニバーサル)

Savoyの最新アルバムの好意的なプレビュー

6点中5点

『Whalebone』はポール・ワークター=サヴォイの手による名曲だ。夏のけだるい夜にぴったりの暖かく、物憂げな美しいポップソングに仕上がっている。

ここでは、単に、魅惑的な曲の話しをしている。趣味がいいアレンジ、すばらしいハーモニー、そして透明感があるサウンド。

ふわっとした旋律にゆっくりと虜になっていく。もう一度繰り返すが、ワークター=サヴォイは、いかにすばらしいソングライターであるか実演してくれた。ポールと一緒に歌っているのは妻のローレン・サヴォイ。プロデューサーはフロード・ヤーコブセン。MadrugadaのベーシストでSavoyのメンバーでもある(訳注:著者の間違い)。

レビュー:エスペン A. ハンセン

Category: Article

元記事:a-ha.com 翻訳:みこ

Savoyは8月7日(土)にオンダルスネスで開かれるRauma Rock Festivalでヘッドライナーをつとめ、8月13日にはオスロのØya Festivalに出演します。また、9月にはノルウェー・ツアーも計画しています。

8月24日更新:Savoyの新しい公式サイト公開!

ニュー・ アルバムは8月30日に、Savoy自身のレーベル「Eleventeen」からリリースの予定です。アルバムのタイトルは『Savoy』で、このアルバ ムがバンドにとって新しいスタートとなることを示しています。ポールはダーグブラーデ紙とのインタビューで、以前のアルバムでは十分なプロモーション活動 をしなかったけれども、今回は成功をめざしてもっとプロモーション活動をするつもりだと語りました。「このアルバムのためには、やらないといけないと思っ ているんだ」と、彼は語りました。

Savoyの前作『Reasons to Stay Indoors』は2001年にリリースされました。ポールとローレンはニューアルバムに大変満足しています。「僕達は今ではすごく良くなったと思う よ!」と、彼らはダーグブラーデ紙に語りました。 アルバムは1年前には完成していたけれども、それでも新しい曲を書き続けたのです。「しばらくの間、2枚組のアルバムにすることも考えていたよ」と、ポー ル。「でも、それはやめることにしたんだ。」

8月24日更新:Savoyの新しい公式サイト公開!

Savoy Centralは、Savoyの公式サイトになりました。このサイトは数年前に開設されて以来長年にわたり、Savoyに関する優れた情報源のひとつと見 なされてきました。今のところは「ミニサイト」としての公開ですが、バンドからの情報を得て、大規模なサイトを製作しているところです。その間は、ニュー スと最新情報、ディスカッション・フォーラムと、アルバム収録曲全曲の音声配信をご利用ください。

Savoyは9月13日、NRKのテレビ番組「Store Studio」で3~4曲を演奏します。ファン向けに無料チケットを提供します。詳細はMinor Earth Communityまたは、Savoy公式サイト(http://www.savoycentral.com)にて。

Savoy関連リンク:

ダーグブラーデ紙は、公開ウェブチャットでSavoyへの質問を受けつけ、その回答を以下のページで公開しています。

http://fredag.dagbladet.no/fredag/2004/08/11/405180.html…

VG紙のSavoyへのインタビュー
http://www.vg.no/pub/vgart.hbs?artid=238378

ダーグブラーデ紙のSavoyへのインタビュー
http://www.dagbladet.no/kultur/2004/08/02/404383.html…

Savoyのラジオシングル『Whalebone』のレビュー
http://www.vg.no/pub/vgart.hbs?artid=238381

Øya Festivalの写真
http://oyafestivalen.com/gallery/Savoy
http://www6.nrk.no/magasin/upunkt/gallery/view_album.php?set_albumName…

以下のリンクから、Savoyのコンサートについて様々な評価のレビューを、ノルウェー語で読むことができます。(リンク提供:Claudia van Tilburg)

http://www.dagsavisen.no/nye_takter/article1211551.ece…
http://pub.tv2.no/TV2/underholdning/musikk/article265121.ece…
http://www.vg.no/pub/vgart.hbs?artid=239155
http://www.puls.no/a.cgi?id=12486
http://www.panorama.no/vis.php?kat=2&did=3328

Category: Article

元記事:a-ha.com 翻訳:みこ

ポールはダーグブラーデ紙とのイン タビューで、Savoyの次のアルバムについて語りました。現在のところはまだタイトルもリリースの日程も確定しておらず、どのレコード会社と契約するの かも未定です。しかし、20曲が完成しており、最終的な収録曲選定にかけられることになっています。

ポール:「このアルバムはだんだんと膨らんで来たんだけれど、今年はa-haのツアーで忙しかったし、まだ完全には完成していないんだ。洗練された音とジャムの雰囲気のバランスを取ることを重視したいと思っているよ。」

MadrugadaのFrode Jakobsenが何曲かのプロデュースを手がけており、どうやら次のアルバムはよりダークなサウンドになりそうです。

「前作(『Reasons to Stay Indoors』)は、ちょっと仰々しいところがあった。Frodeは、僕と違うアイデアを出してくれるから、彼との仕事はすばらしかったよ。FrodeはiPodにいろいろ面白い音楽を入れてるんだよ」とポール。

ニュー アルバムのリリース日時はまだ未定ですが、ファンは来年、ポールとローレンとフロードの3人に会うのを楽しみに待つことができます。1998年4月21日 のニューヨークのBrowniesでの公演以来6年ぶりに、2004年8月にオスロで開催されるØya Festivalでカムバック・コンサートを行います。

「僕たちは、Savoyとしてはあまりノルウェーでライブをしてこなかった。特に 1997年の『Lackluster Me』ツアー以降はほとんどライブをしていない。でも、またノルウェーでちゃんとしたツアーをしたいと思っているよ」と、ポールはダーグブラーデ紙に語り ました。

リンク:

http://www.oyafestivalen.com/band.php?id=190&popup=yes…
http://pub.tv2.no/TV2/underholdning/musikk/article162757.ece…

Category: Article

元記事:a-ha.com 翻訳:Mayumi

Savoyの最新アルバムとツアーについて!

8月のメディアでもお伝えしたとおり、ポールは、最新の小説『Drømmer om Storhet』(Dreams of Greatness 訳注:『偉大になること、名声への夢』の意)の登場人物になりました。本はすでに発売されており、先週、ノルウェーのメディアの注目を集めました。作家のポールH.クリスティアンセンは、ポール本人と会ったことがあり、ポールは小説を気に入ってくれたようだと受け止めています。

『Drømmer om storhet』 著者:ポールH.クリスティアンセン。表紙デザイン:Even Westvang

作者のクリスティアンセンは、ノルウェーでは著名な作家です。昨年、文学景観において際立った作品を評価されて、文学賞(Tiden Prizen)を受賞しました。最新作『Drømmer om Storhet』は、ポールについてではなく、架空の登場人物であるホーボー・ハイブロウが新しい小説を書こうとしているときに襲われた個人的な難局について書かれたものです。ある日、ホーボーは、近所でポールが妻と息子と一緒にいるところを見かけ、ポールはホーボーの小説のインスピレーションになりました。ホーボーは、創造的であり尚且つ夢を追いかけることは可能であり、それと同時に幸せな家庭を築くことも出来ると悟ります。

主役のホーボーは、『名声への夢』を追いかけ、成功することができたa-haに強い関心を抱いています。ホーボーは作家である自分も共感できると感じており、自分は誤解されており、ノルウェーは自らの作品にとって小さすぎると感じています。ホーボーはもうじき父親になりますが、子供に仕事を邪魔されるのではないか、彼の天才性を妨害するのではないかと恐れています。

ポールはアフテンポステンにこんな風に語っています。「家族とキャリアを一体化することはできないというのは哀れな俗説だよ。そういう常套句の正当性が問われている部分に僕が使われたのは嬉しいね」

ダーグブラーデは、ポールが生まれて初めて小説の登場人物になったことを光栄に感じていると報道しています。「(どんな風に書かれているのか)読むのが怖かったよ。本の中で多少叩かれていると思っていたから。実際は巧く書かれているね。」

ポールが初めて本のことを聞かされたのは、出版社から電話で聖人として描かれたポールの顔を表紙に使っても良いかと許可を求められたときでした。

「小説の中の登場人物になっていると聞かされたときは、ちょっと緊張したよ―自分のことが書かれたものはいつも読まないことにしているんだ」とポールはアフテンポステンに語りました。「妻のローレンが最初に原稿を読んだ。ローレンに良く書かれていると思うと言われて、その言葉に従って自分でも読んでみた。」

心配する必要は無かったようです。作者のクリスティアンセンも主人公のホーボーも心からa-haを尊敬し、崇拝しています。ダーグブラーデ紙は、クリスティアンセンがなぜポールに注目したのかと尋ねました。「ポールがa-haのメンバーで一番自分をさらけ出しているからだよ。彼の書く詞を通じてね。音楽とうまく相互作用する素晴らしい詞を見れば洗練された読み書きができる人だということが明らかだよ。」

主人公のホーボーは、a-haを始めたころのポールについての噂が本当だったのか、それとも謎めいたイメージを膨らませるために作られた話なのか、一瞬考えます。

「なんて言えばいいんだい?僕はそれほど本をたくさん読むほうじゃなかった。でも市電に座ってハムスン、カフカ、ドフトエフスキー、グンヴォル・ホェフモを読みながら感化されたよ。大人になる少し前によくある感情の高ぶりのせいで、彼らがいわんとしていることは僕だけが理解できる、と思いこんでいた」とポールはダーグアヴィーセンに語りました。

ポールはダーグアヴィーセンに、小説の中の主人公がどのように彼自身とかかわっているかについて説明しました。「主人公は、ノルウェーには障害が多いと感じている。やりたいことを表現させてもらえず、それゆえa-haが理想になっているんだ。タイトルの『Drømmer om storhet』 [Dreams of Greatness] がそれをよく物語っている。この本は、僕自身も体験したことについて書かれている。与えられた才能、それをどう活かすかについてね。a-haは少し安っぽくてほんの少しクールだと思われてきた。初め、僕らは頭の弱い3人組として売り出され、以来そのイメージを払拭することができずにいる。」

ホーボーは、ポールの歌について自分なりの解釈をしています。
『And it struck me how there was a striking contrast between the lightness of Waaktaar’s music and the content of many of his lyrics. (…) That was what I respected him so deeply for. In all our human helplessness, we catch ourselves humming a cheerful melody.(ワークターの作る音楽の軽さに比べ、大多数の歌詞の内容があまりにも対照的であることに衝撃を受けた。(中略)それで彼を深く尊敬するようになった。まったくの人間の無力さで、僕らはいつの間にか陽気なメロディーを口ずさむのだ。)』小説からの抜粋です。

「素晴らしい観察だと思うよ。」とポールはダーグアヴィーセンに語りました。両方好きだね。すぐに誰にでも訴えかけることができる曲も作りたいし、10人くらいにしか理解してもらえないような曲も書きたい。近寄りやすいもの、手に届きにくいもの両方だね。だから僕はa-haとSavoyを両方やっているんだ。」しかし、後で前言を多少撤回して、両バンドに大きな違いは見出せないと語っています。

最後に、ダーグアヴィーセンは、この小説が映画になったら、ポールの役を誰に演じてもらいたいか訊きました。「場合によるね。誰だって、ブラッド・ピットが自分を演じているところを見たいんじゃないかな?」
a-ha.comによる著者ポールH.クリスティアンセンのインタビューをご覧になるには、こちらをクリックしてください。

本に関する記事リンク:
http://www.indre.smaalenene.no/65/00/01/0.html
http://www.oslopuls.no/cityguides/nav/news.jhtml?context=culture&id=431184
http://www.oslopuls.no/cityguides/nav/news.jhtml?context=culture&id=432435
http://www.vg.no/pub/vgart.hbs?artid=1209143
http://www.nettavisen.no/servlets/page?section=6&item=240365
http://www.aftenposten.no/kul_und/article.jhtml?articleID=430996
http://www.dagbladet.no/kultur/2002/11/04/352985.html
http://www.dagbladet.no/kultur/2002/11/04/352985.html

Savoyのニューアルバムとツアー
ポールとローレン・サヴォイは、現在Savoyのニューアルバムの製作に取り組んでおり、願わくは、2003年の夏にリリースされるということです。アルバムがリリースされたら、アメリカとヨーロッパでコンサートを開くことも希望しています。

Category: Article