Archive for » 2月, 2000 «

Frokost med Spellemann – 27/02/00

元記事:Bodil Garvik in Bergens Tidende 英訳:Sabine Clement

僕の日曜日

SAVOYの1メンバーとして、ドラマーの彼はポールとローレン・ワークター・サヴォイと共に、先週の金曜日、彼にとって初めてのスペレマンアワードを受賞した。フロード・アンランドはPompel & The Pilts、Chocolate Overdose、そしてUnge Frustrerte Mennといったバンドや、その他幅広いプロジェクトに参加していることでも知られている。

Bergens Tidene:TVショーの後のスペレマンパーティはいかがでしたか?

フロード・アンランド:とても楽しかった!でも、まあ、受賞者はいつでも楽しいよね。パーティ自体はちょっと退屈、ビュッフェとかそういうのがあって…でもたくさんの人と話をした、それは素晴らしい時間だった!朝5時に会場を後にしたんだ、ちょうどJan Eggumのすぐ後、でも僕が最後ではなかったよ。

BT:それで、日曜日はどうでした?

FU:今週の日曜は実際ちょっと特別だった。僕たち(フロード、彼のガールフレンド、そして彼の6歳の息子)はとても長い朝食を取ったんだ、テーブルの真ん中にスペレマンアワードを飾りとしておいてね。

BT:ではアワードを保管しているのはあなたなのですね?

FU:そう、ポールとローレンが僕にくれたんだ。僕の息子Adrianは、テレビで僕たちを見てとても興奮していた、僕が息子にウィンクして挨拶したからだけじゃなくてね、でもアワードを家に持ち帰るのは僕だとは信じてなかった。「絶対にローレンだよ、だって彼女の方がパパより有名だもん!」と後で電話で言われたよ。

BT:他の日曜日は?

FU:Adrianとニンテンドーのゲームをして楽しんでいるよ、僕が余り上手くないって、パンチされるけどね。この歳の息子がいるっていうのは素晴らしい、だって僕が夢に見ていたモノ、アイス・ホッケーをするとか、レゴで遊ぶとか、そういった全てのことをやらせてもらえるんだから。

BT:森などを散歩するのはどうですか?

FU:うん、近所を歩いたりはするよ、つまり、僕らがAdrianを連れられたらだけどね、もちろん。彼には一緒にいるのが楽しい友だちがたくさんいるんだ。次の日曜日には、僕の父親のお墓に行くかも知れない。彼は昨年のクリスマスに亡くなった。僕の一番のファンだったから、スペレマンアワード受賞をとても喜んでくれたろうな。

BT:日曜の夕食は?

FU: 僕のガールフレンドのRandiは、完ぺきな食事を準備するんだ。料理をしたい気分の時には、彼女は本当に素晴らしい。自分たちで捕まえたタラを食べるのが、僕らは好きだ。

BT:どんな風に日曜日が好きですか?

FU:実際、日曜日は少し退屈だと僕は思う。何とか過ごして、新しい週が始まるまで待つ。僕は多分ちょっと神経質なんだ。

Category: Article