Archive for » 7月, 2001 «

Puster ut – 21/07/01

元記事:Stale Winterkjaer in VG

SAVOYはオーギー(2歳)が隣の部屋で眠っている間にアルバムを作った。

おむつ替えと赤ん坊のけたたましい鳴き声の中、ポール・ワークター・サヴォイと彼の妻ローレンはどうにかSAVOYの4枚目のアルバムを作り上げた。2人がベッドで休息を取る必要があるのは当然のことだ。

ポールパパはまた、100万の売り上げと完売のスタジアムという、a-haカムバック大成功という経験もした。

1999年、ローレンとポールに初めての子ども、オーギー(もうすぐ2歳)が誕生した。2人がSAVOYの新譜を完成させるにはまだ時間がある。新譜『Reasons to Stay Indoors』は9月か10月にリリースされる予定だ。

「オーギーの成長を見逃したくないという結論になってね。だから夕方6時に寝かしつけるまでは、スタジオで仕事を始めたりはしなかった。その後、僕らが寝るまでの4時間仕事ができる。次の日はだいたい朝6時にオーギーに起こされる」と、そんな風に働くのも良いと考えるおむつ替え人ポールは説明する。

オーギーに影響を受けた

「夜どんな作業をするかを1日考えて過ごしていたから、上手くいったよ。だから実際に仕事を始めると、より集中できた。子どものいる人の多くは、新しい曲を書くための平穏な時間は得られない。でも僕らは本当にたくさんの曲を作ったよ」とポールは説明する。

−アルバムはオーギーに影響を受けた?

「僕らの人生に影響を与えているから、作曲に影響を与えているのは間違いない。作曲とレコーディングの両方を色づけする新しい成分のようだよ」とポールは言う。

「アルバムではオーギーについての曲だって2、3曲あるのよ」とローレンはにっこりしながら言う。

「とても良い曲になってる」とポールは微笑む。「しばしば、そういった曲は…なりがちで…ああ、神様、ノォォォォ…」

VGはオスロの一等地であるVinderenの、彼らの豪華別荘で2人と会った。ここには、シャンデリアのある巨大な居間2部屋、最新のガスオーブン付きの大きなキッチン、新しく修繕されたバスルームと、寝室3部屋がある。

質実剛健

しかし家具と絵画が不足している。実際小さなボールルームにもなる一番広い居間には、ソファしかない。椅子もテーブルもない。

「ちょっと質実剛健でいこうと思ってね」とポールとローレンは説明する。

さらに2人はニューヨークに新しいアパートメントを購入していて、SAVOYの新譜はほとんどここでレコーディングされた。

「古いアパートメントじゃ、仕事と生活をするのが不可能だった。新しいアパートメントは大きくて広い部屋で、オーギーとスタジオ用に分けた部屋がある」とポール。

「すぐ隣がスタジオだから、オーギーは雑音に慣れ始めているの」とローレンは笑う。

「そうだね、でも音を立てているのは僕らだけではないよ。すぐ上にはスマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンがいる。彼は自分の部屋でフルバンドでリハーサルしているんだから」とポールが説明している間、彼の妻は近所にはハリウッドスターもいるのよと語る。

もっと働く

「クレア・デーンズが私たちのすぐ下に住んでいるの。彼女は20歳で、20歳のためのパーティを企画した。音楽がうるさすぎて、私たちのベッドが振動していたわ。真夜中の2時に、Tシャツと本当にくしゃくしゃの髪で彼らのところまで行ったのよ」とローレンは明かす。

「ビリー・コーガンは実際僕よりもシャイだろうね。彼は玄関ホールで会っても僕にハローと言う勇気もないんだよ」とポールは笑う。

ポール・ワークター・サヴォイはポップ・ミュージックを作ることで数百万クローネを稼ぎ、随分と前に引退することもできた。しかし彼はa-haとSAVOYの両方で仕事をすることを選んでいる。

「僕はまた何百万も費やして仕事をしている」とポールはにやりと笑う。

「でも前よりももっと仕事をしているよ」

「音楽を作ることの中にはたくさんの喜びがある。だからやるの」とローレンは説明する。

Category: Article