Archive for » 9月, 2001 «

Livredde for sonnen – 29/09/01

元記事:Hakon Moslet in Dagbladet 翻訳:あきこ

SAVOYはニューヨークのテロを体験した

ニューアルバムが話題になっている、ポール・ワークター・サヴォイとローレン・サヴォイが、オスロで最も安全な西地区のVinderenの棲み家に戻ってきた。マンハッタンの中央にある自宅から、世界貿易センタービルで起きたテロ襲撃事件を目撃した2人は、驚愕に打ちのめされたのであった。

(写真下の文・再び外に:ローレン・サヴォイとポール・ワークター・サヴォイはニューヨークでテロの襲撃があった時、息子オーギー(2歳)を守るためにアパートに閉じこもっていた。写真:Tor Arne Dalsnes)

「悲惨な体験だった」と2人は言う。あと1週間ほどで、この夫婦はSavoyとしてのニューアルバム、『Reasons to Stay Indoors』をリリースする。本紙Dagbledetが2人に会った時、彼らはまだテロに脅えているようだった。彼らはマンハッタンのTribecaに住居を所有している。世界貿易センタービルから北に、わずか10〜12区画という所にである。

「衝撃音が聞こえたんだ。僕は清掃車が来てごみを回収しているのかと思ったんだ。でも僕たちは外を見たんだ。世界貿易センタービルが燃えていたんだよ」とポール・ワークター・サヴォイは説明する。

ガスマスクを購入

全身に恐怖を感じながらも、ポールはガスマスクと食料を買いに走った。その間ローレンは2歳になる息子、オーギーを守っていた。

「オーギーにガスマスクを着けようとしたんだけど、うまく行かなかった。ガスマスクを着けるのを嫌がってね。それから思い付いたのは、街から離れることだったけど、そんなことは不可能だった。全てが混沌としていたんだ」

「私はオーギーを守るのが役目だった。だからこのことについて話すのはまだ辛いのよ」とローレンは目に涙を溜めながら言う。

彼らのアパートは、避難するために人々が家を離れた地区である、Canal Streetからほんの1区画しか離れていない。

「全身のあらゆる感覚が、その場で起こっていることを感じた。2週間経ってもまだ、ゴムが焼ける匂いが鼻に付いてるよ」とポールは語る。

堪え忍ぶ冷静さ

テロ事件を身近に経験して、彼らは疲れきって、茫然自失していた。そうした気持ちと、テロの被害状況が頂点に達した時、2人の間の状況は、緊急事態から、激しい喧嘩へと変わっていった。

「私たちはテロの襲撃に対して全く違った見方をして議論していたのね。そのせいですごい喧嘩をしちゃったってわけ」とローレンは釈明する。

「ポールは堪え忍び、落ち着くことを示してくれた。彼は『ニューヨークに留まろう。きっと良くなるよ』と言ったの。私は、そんなこと、恐ろしくてとんでもないと思ったわ。私はもう、ただ逃げ出したかった。ひどい仲たがいをしたわ。離婚とまではいかなかったけど、それに近い状態にはなった」とローレンは堅い微笑を交えながら言う。

「それであなたたちは、ヒットアワードでの演奏をキャンセルしなければならなくなりましたね。その事に迷いはありませんでしたか?」

「あの週には、たとえ100万ドル積まれたって飛行機には乗りたくなかったわ」ローレンはきっぱりと言い切る。

最近「もはや音楽はさほど重要ではなくなった」というフレーズが、アーティストが時折口にする決まり文句と化している。アメリカの多くのアーティストが、我も我もと、事件のあった日について語るのに熱心になっている。こうした、市場経済の絡んだ傷痕に、ローレン・サヴォイはきっと嫌気がさしているのだろう。そのために彼女はこんな事を言っている。

「自己憐憫の気持ちに満ちたマライヤ・キャリーや、慈善事業の天使ぶってるマイケル・ジャクソンを見てると、胃が痛くなってくるわ」

Savoyを選ぶ

『Reasons to Stay Indoors』はSavoyの4枚目のアルバムとなる。その前のアルバム『Mountains of Time』(99年リリース)は、一部の賞賛的な批評によると、ノルウェーで5万枚以上を売り上げたと言われている。だがグループは、国際的なレベルのキャリアよりはずっと下を行っている。

しかしながら、a-haとSavoyの2つのグループのうち、ポールがどちらを優先しているかは、疑う余地は無い。

「ポールは最高の曲はSavoyに割り振ってるのを隠したりはしない。頼りになるわ」とローレンは誇りに思っている。

ポールとローレンはノルウェーのジョンとヨーコという感じだ。2人は、83年から84年にかけての冬のロンドンで出会った。

その頃ポールは、まだしがない22歳の若者にすぎず、彼女ができたことはなかった。ローレンはボストン出身のユダヤ人の女の子で、美術史を学ぶためにロンドンに来ていた。

「僕らはHippodromeで出会った。ローレンが知ってる唯一の場所だったし、僕やモートンやマグスがタダで入れる唯一の場所だった。そこで僕らは出会ったんだ。その後ローレンはアメリカに戻った。そして僕は、電話料金の請求が3000ポンドにもなるまで電話をかけまくった!a-haのマネージャーは、驚きのあまり声が上ずってた。まったくすごい金額になったものさ」

「ええ、それからあなたは、自分の描いた絵や、作曲した歌と一緒に、手紙を送ってくれたわね」

「それから僕は、アメリカに行くために、持っていたレザー・パンツを売ったんだ。ボストン行きのグレイハウンド・バスに乗った時、僕には1ドル札が20枚あったっきり」

それ以来2人は一緒にいる。

「僕らは出会った頃、とても若かったから、まるで2人一緒に成長したようなものなんだ。だから、お互いのことが気に障ることも無い。僕らはお互いを良く知っているからね。僕らは全く異なったタイプの者同士だけど、一緒にいると、とにかくうまくいくんだ」とポールとローレンは言っている。

Category: Article

“I don’t have a problem with songwriting” – 06/09/99

元記事:a-ha.com 翻訳:Mayumi

ポールは40年間生きてきたそのキャリアの集大成を作ろうとしている スタジオで多忙な夏を過ごした後、Savoyの最新アルバムが完成した。Savoyの3人のメンバーは、バンドとアルバム『 Reasons to Stay Indoors』の出来にとても満足している様子だ。a-ha.comは、ダウンタウン(オスロ)にあるミニマリスト調の簡素で寒々しい雰囲気のレストランでSavoyを取材した。しかし3人の幸せそうに輝く微笑みがすぐにその場の雰囲気を暖かくしてくれた。ア ルバムをマスタリングするために、CDを12時間前にニューヨークへ送り、ポール・ワークター・サヴォイ、ローレン・サヴォイ、フロード・アンランドは、 今最新プロジェクトについて座って話をする時間をさいてくれている。『Reasons to Stay Indoors』の製作プロセスについて少し話をしてくれないかと、ポールに尋ねた。

「『Mountains of Time』が出来あがった直後にこのアルバムの製作にとりかかったんだ。(『Mountains of Time』の製作が)とても良い流れで進んでいたし、この勢いを失わないで済むようにしておきたかったんだ。特に今回a-haのアルバム製作も同時進行し ていたから、『Mountains of Time』 のリリースからこのアルバムのリリースまですごく時間がかかることはわかっていた。『Mountains of Time』に収録されなかった7つの曲から取りかかって、仕上げてみたら、出来あがった曲にすごく後押しされたんだ!良い感じに出来あがってすごく気分良 かった。だけど、その後時間が経ち『最近作った曲もアルバムに入れなければ、それにこの曲も一緒に』という具合になって、結局新曲ばかり収録されることに なってしまった!」

フロードが会話に割り込んだ。「僕が2人を訪ねるといつも2、3曲新しい曲ができているんだよ」
ローレン「2人ともクレイジーだったわ!ポールは取りつかれたように曲を書いていた。フロードとポールが一緒になるともっとクレイジーになるのよ。2人ともスタジオで取りつかれたように仕事をしていたわ」

ポールはとても嬉しそうに笑った。
「フロードは時々ニューヨークにやって来て、何時間も一緒に仕事をしたんだ。すごく流動的な仕事のやり方だったよ!もちろん、今ではオーギーがいるから昼間の 大半は仕事にならないんだけど、6時を過ぎると落ち着いて仕事を始める。録音作業には5時間しか使えないとわかっているから、そんな風に仕事をせざるを得 ないんだよ」
ローレンが付け加えた。「事前に考えておけば、実際に録音をしようとする以前にやることをちゃんと把握できるのよね」
ポール「その5時間の間に何をしたいかということを具体的に考えておくんだ。だから何時間もこれから何をしようかと考え込まずに済んだ」

アルバムで歌っているのは誰ですか?全員ですか?

フロード「そうだね。僕はバックボーカルをやったよ」
ローレン「フロードの声にはものすごく驚いたわ。あんなに高い声が出せるなんて!」
ポール「今では自分たちがどんな声なのかよくわかってきた。僕は低い音の担当で、ローレンは中間、フロードが一番高い部分なんだ!」

フロード・アンランドはSavoyの初期の頃からのメンバーだ。彼のことを良く知らない人もいるだろう。フロードは、Chocolate Overdose、Unge Frustrerte Menn、Popiumといったノルウェーのバンドに参加している。そして現在はThe West Side Tennis Clubというバンドを始め、バンドのために曲を書いている。最近、ローレンも一緒にスタジオに参加した。

ローレン「フロードに2、3曲歌って欲しいと頼まれたの。歌うようにすすめてくれてとても嬉しかったわ。アルバムに収録される曲で、今アルバムの製作中なんだけど、出来あがるのはまだ先になりそうね。今はSavoyに集中しなければならないから」

ポールは大声で笑った。
「a-haは僕がSavoyをやっているので心配しているし、僕は2人がThe West SideTennis Clubをやっているから心配だよ…。そういうのはどこで終わるのだか?」

全員爆笑した。みんなリラックスして和やかな雰囲気になった。スタジオでメンバーがどう関わっているのかもう少し知りたかったので、無邪気にフロードがニューヨークで長い時間過ごししたのか訊いてみた。

「ああ、そうだね」フロードは答えた。
「ほとんどニューヨークでレコーディングしたから、ずいぶん長い時間ニューヨークで過ごしたよ。ニューアルバムの製作をしながら事実上ポールとローレンと一緒に暮らしていたんだ」

それではあなたにはわかると思うので教えてください。スタジオでボスなのはポールですか、それともローレン?

フロードは巧みに質問に答えまいとした。「それは難しい質問だね」
再び全員笑った。

ポールが説明した。「このバンドにはボスはいらないんだ。全員同じ方向へ向かって進んでいるからね。全員どこへ行きたいのかよくわかっているんだ。むしろどう したらそこへたどり着けるか?ということだね。誰かひとりが『多分こうするべきじゃないか、これで上手くいくかもしれないよ?』と言う。だからひとりの人 間が彼の意見で仕切ろうとするわけではないんだ。むしろ『どうやったらここへたどり着ける?みんなここへ行きたいことはわかっている!』という感じだね。 曲のいろんなバージョンを試してみて、一緒に作業するんだ」
ローレンは微笑んで言った。「そうね。だからわたしたちはとても仲が良いんだと思う。わたしたちが反対する考えを誰かが思いついて提案したからといってめちゃくちゃ腹を立てたりしないわね。他のバンドでは良くあることなんでしょうけど…」
フロードが結論を言った。「そんな風じゃなくて、良かったよ」

ポールの方を向いて次の質問をした。
このアルバムに入っている曲は難なく生まれたということですね。どの曲を入れるか選ぶのは大変ではなかったですか?

「そうだね。まだまだたくさん(アルバム未収録の)曲があるよ」ポールは答えた。
「そのことにとらわれないようにしているんだ。アルバムは生み出した曲の集まりにすぎない。とにかく全員、曲を書こうとしたんだ…」
(ここでローレンが口をはさんで、ポールが言いかけたことを続けた。)
「… たくさんの曲があって、上手く編集されてアルバムに収録されたのよ。素晴らしいアルバム、素晴らしい映画、素晴らしいアートを生み出す秘訣は編集にあると 思うの。たくさん創り出すことができたら、出来が悪いものをとりのぞいて、核になるものだけをとっておくことができる。そうすれば何かが残る。わたしたち もそうできたと願いたいわ」

『Mountains of Time』と『Reasons to Stay Indoors』の違いは何でしょう?

「アルバム全ては過程であるということを学んだわ」ローレンは説明した。「このアルバムで、ようやく一周できたと思うの。全員いろんなことを学んだわ。 『OK、今、わたしたちはここにいます』とみんなに見せるようなものね。ここからどこへ行けばいいのかを知ることは難しいわね。このアルバムでずいぶん遠 くまで来てしまったという感じがするから。それが一番の違いかしら」
そこでフロードが口をはさんだ。「それはまさしくこの前のアルバムが出来あがったときも全員が感じたことだよ!」
「そうね、その通り。その通りよ!」ローレンが認めた。
再び全員笑った。

ポール、アルバムは『去年と同じやりかた』で作られたのですか?

「いや、これは違うサウンドだよ。全曲凝縮した時間で書いたんだ。ある時期に全部書き上げたから、アルバムに入っている曲の流れがみな同じ方向を向いている。 時々、5年ごとにほとんど自動的に出来あがる曲を数曲思いつくことがあるんだ。このアルバムにもそういう曲が2、3曲入っている。メロディーと歌詞を思い ついて、ただ思いついたら、頭の中から離れない。そういう曲は特別な気分にさせてくれるよ…こんな風に幸運なことはごくたまにしか起こらないんだ」

それでは、今回リリースされるラジオ・シングルはそういった曲のひとつなのですか?

「いや、違うよ!」ポールは笑った。

違うんですか?

「違うんだ。僕がいつも気に入るのはもっとスケールが大きくて暗い感じの曲なんだけど、これはすごくキャッチーだからね!アルバムの中には『Reasons to Stay Indoors』のように特別な気分にさせてくれる曲も入っている。とても満足しているよ」

「『You Won’t Come To The Party』はラジオでリリースされるファーストシングルのタイトルなんだ」

シングルは発売されますか?

「いや、発売されないと思う」ポールは言った。「Savoyを『シングルヒットだけのバンド』にしたくないんだ。シングルはアルバムを聴いてもらうための広告 にとどめたいと思っている。僕らはアルバムを広めたいんだ。シングルを売り上げるよりもアルバムをもっと宣伝したい」

レコード会社とはどのような契約を交わしていますか?

「契約には2つのやり方があるんだ」ポールは答えた。「今ではよく行われているやり方で、ひとつはレコード会社に自分の作品の全権を委ねてレコード会社にすべ てやってもらう。もうひとつは、作品の権利は自分がキープして、レコード会社は権利を借りる形。僕らが交わした契約は後者の方だよ。僕らがアルバムを所有 して、レコード会社にはアルバムを売る権利を認めている」

国際的にアルバムをリリースする計画はありますか?

「あるよ。EMIヨーロッパと仕事していて、ヨーロッパでリリースする計画を立てている」

どの国をターゲットにしていますか?

「全部だよ!」ポールは笑って付け加えた。「この前『Mountains of Time』をクリスマス・セールスの時期にリリースしたけれど、発売するのにベストな時期ではなかったみたいだ。今回ヨーロッパでは1月にリリースする予定だよ」

a-ha.comでCDを販売することを考えたことはありますか?

「あるよ。僕らがリリースしない他の国々、例えばアメリカや極東の国々だけど、a-ha.comを通じて販売する計画がある。できることなら全アルバムをa-ha.comで販売したいよ!詳細は法律がらみになるからまずそこから調べてみないとね」

Savoyは9月15日に開かれるヒットアワードで、ファーストシングルの『You Won’t Come To The Party』を演奏する。ローレンは、Savoyがシ ョーで使うステージ・セットのデザインをした。
「(セットをデザインするのは)とても楽しいわ」ローレンは言った。「すごい勢いで仕事をしなければならなかったけれど、ああいう仕事は好きだわ」
ポールが付け加えた。「とにかくローレンはここ何ヶ月かとても忙しくしているんだ。CDのカバーを手がけたり、もうすぐ何本かビデオを撮る予定なんだけど、ローレンがそれも監督するんだ。」

どの曲のビデオを作る予定ですか?

「どの曲をシングルとしてリリースしたらよいか決めてからどの曲のビデオ撮りをするか決めるよ。今は全曲シングル曲だと思っている。」ポールは微笑んで続けた。
「EMIはアルバムにとても良い反応を示してくれたんだ。通常、アルバム1枚につきシングルは1枚か2枚なんだけれど、このアルバムでシングルにできないのは1、2曲しかないね、と言ってくれたんだよ。だから…」

全員再び笑った。

それでは、2、3曲シングルを出す予定ですか?

「もっとたくさん出せればもっと嬉しいね」ポールは、まだ微笑みを浮かべながら答えた。

読者の多くは、あなた方のコンサートのプランを知りたがっていますよ。

「まず僕らが考えているのは、ドキュメンタリーを製作することなんだ。多分コンサートの部分も入れると思う」

それでは、それ以外にコンサートの計画はないのですか?

「そうだね、『Mountain of Time』をリリースしたときはコンサートをやらないかという話がたくさん持ちかけられたんだけど、結局ツアーをしなかった。a-haやツアー以外のこと で時間が限られてしまうんだ。どうやりくりできるか考えないとね。時間が経てばわかることだよ」ポールは言った。

今Savoyにたくさんのエネルギーを注ぎ込んでいるので、次のa-haのアルバムへの貢献は少なくなると思いますか?

「少なくなるとしたら、それはマグスとモートンがもっとたくさん曲を書くからだよ…。曲を書くことは問題ではないんだ。a-haのために書きためた曲もたくさんある。どの曲が良くてどれがだめなのかこれから選ぶところだよ」

a-ha.comがインタビューの準備をしている間、Savoyファンからとてもたくさんの質問が寄せられた。その中からいくつか質問をするつもりだったが、 時間がどんどん過ぎてしまい、EMIの女性がわたしの背後で監視している。そこで急いで何人かのファンから寄せられた質問をはさみこんだ。

マット・エドワーズから寄せられた質問をしてみた。
どの曲がSavoyでどの曲がa-haの曲とは、どうやって決めますか?

ポールはうなずいた。
「曲自身が決めるのだと思う。Savoyの仕事をしている時、Savoyから強いインスピレーションを与えられて、そこから生まれた曲はSavoyに属すると 感じるんだ。そういう状態で出来あがった曲だからね。a-haの曲は、a-haで起こる何かからインスピレーションを得て作られているから、a-haの曲 ということになる。だから僕はどちらでもいける曲を書いているわけではないんだ…。だけど、a-haの曲を書くよりSavoyの曲を書くほうが楽なんだ。 だからSavoyの曲がa-haの曲になったことはある。『Mary Ellen Makes The Moment Count』や『Barely Hanging On』はSavoyの曲だけど、結局a-haの曲になった。そういう風にもなるんだと思う。結局、ただの曲なわけだから…」

インタビューを終わらせる間際に、何とか記念すべき日について質問をすることができた。
ポール、どこでどのように誕生日を祝いますか?

「アメリカにいるだろうね。それは確かだね。どうやって、祝うか?うーん、心のどこかでクレイジーになりたいと思っているよ」
ポールは心から笑った。
「本当のこといって、わかんないよ。なるようになるさ…」

「まあ、なんてことを!」ローレンが口をはさんだ。「これはわたしの肩にかかっているのよ。気が狂ったように何をしたらいいかずっと考え続けてきたわ。何か特別なことをしたいと思っているから…」

ローレンには何か小さな秘密があるようだ。せっかくのサプライズをぶち壊しにするつもりは毛頭ない。

ポール、お誕生日おめでとう!

Category: Article