Archive for » 12月, 2003 «

11
12月

[øya04] In English
Savoyが来年ライブを行うØyaフェスティバルの公式サイトです。チケット購入を含むフェスティバルの情報が載っています。(11/12/03)

Savoyは来年、ニュー・アルバムとコンサートを予定
ポールはダーグブラーデ紙とのインタビューで、Savoyの次のアルバムについて語りました。現在のところはまだタイトルもリリースの日程も確定しておらず、どのレコード会社と契約するのかも未定です。しかし、20曲が完成しており、最終的な収録曲選定にかけられることになっています。
MadrugadaのFrode Jakobsenが何曲かのプロデュースを手がけており、どうやら次のアルバムはよりダークなサウンドになりそうです。
ニューアルバムのリリース日時はまだ未定ですが、ファンは来年、ポールとローレンとフロードの3人に会うのを楽しみに待つことができます。1998年4月21日のニューヨークのBrowniesでの公演以来6年ぶりに、2004年8月にオスロで開催されるØya Festivalでカムバック・コンサートを行います。From a-ha.com(08/12/03)

フロードからメールを貰ったというファンによると、フロードが「Savoyのアルバムは来年の3〜4月にリリースされる」と言っていたそうです。果たして…??(24/10/03)

6月8日に公式サイトで行われたアンネリ・ドレッカーとのオンライン・チャットで、「Savoyの新譜にまた参加していますか?」と訊かれたアンネリは、「いいえ。でも私の次のソロアルバムでは、前回の様にローレンに歌ってくれるように頼むわ、彼女の歌声は素晴らしいから!」と答えています。※以前ローレンは『Tundra (Mánaiga)』という曲でアンネリのアルバムに参加しています。(24/06/03)

ドイツのファンの間で、SAVOYの新譜のタイトルは『Shades of the past』で、7月28日にリリース??という噂が出ています。現在の所属レコード会社であるキャピタルレコード・ノルウェーをしばらく要チェック。(16/06/03)

Pal H. Christiansen
著者によるサイン本プレゼントは終わってしまいましたが、bug productionsにて期間限定で、サイン本の販売があります。(23/04/03)

Pal H. Christiansen
『Droemmer om storhet』著者のポール・H・クリスティアンセンサイトで、著者のサイン入り本を、4月5日からの1週間毎日1名にプレゼントしています。応募はこちらから。Thanks to みこちゃん(07/04/03)

VG-lista, Norges offisielle hitliste!
ノルウェーでSAVOYのシングルとアルバムが、ヒット・チャートの何位までいったかを見ることが出来ます。曲名、アルバム名をクリックすると、グラフが表示されます。縦のPlassが順位、横の数字は下が何年か、上が何週目かを表しています。a-haやモートンのソロもあります。※ラジオなどのリクエストではなく、純粋に売り上げをベースとしています。From H+D ML(27/02/03)

ローレンはデンマークのバンド、Saybiaの『In spite of』という曲のビデオを監督しました。以前にも、The September When、Flava to da Bone、Divaといったアーティストのビデオを作ったことがあります。ローレンはSaybiaについてこう語りました。「私は大、大、大ファンなの。Ullevaalのa-haオープニングで彼らの演奏を聴いて、好きになって。とても素晴らしいライブだと思ったから、楽屋に行って言ったわ、もしビデオを撮ることがあったら、ぜひ私に撮らせて下さい、ってね。」
バンドの前で床を這うようにしていたローレンに、レポーターが何故そんなことをしていたのかと訊ねました。「そうそう、ごめんなさい。ミュージシャンは動いた方がずっと良いの。でも演奏していると忘れちゃうのね、自分のやっていることに夢中になってしまって。例え事前に言っていたとしても、何とかして知らせる必要がある…だから床を叩いたりして、どんな風に動けば良いかを示すのよ。そうすることで活発になるの。」
レポーターは続いて、今まで仕事をした中で一番大変だったバンドについて訊ねました。「私がそれを言うと思う?(笑) ええ、言いましょう、それはa-haよ!こんな感じ、モートンを撮るのに45分、そして彼は退場。次にマグネも同じく、1時間半。そう、間違いなく、a-haが一番大変だったわ!」From H+D ML(05/02/03)

スペレマン賞ノミネートのリストによれば、フロードが参加しているバンド、Popiumがアルバム『Permanently High』でバンド・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。結果は2月22日に発表、NRKにて放送されます。From savoycentral.com(06/01/03)

Category: News

元記事:a-ha.com 翻訳:みこ

ポールはダーグブラーデ紙とのイン タビューで、Savoyの次のアルバムについて語りました。現在のところはまだタイトルもリリースの日程も確定しておらず、どのレコード会社と契約するの かも未定です。しかし、20曲が完成しており、最終的な収録曲選定にかけられることになっています。

ポール:「このアルバムはだんだんと膨らんで来たんだけれど、今年はa-haのツアーで忙しかったし、まだ完全には完成していないんだ。洗練された音とジャムの雰囲気のバランスを取ることを重視したいと思っているよ。」

MadrugadaのFrode Jakobsenが何曲かのプロデュースを手がけており、どうやら次のアルバムはよりダークなサウンドになりそうです。

「前作(『Reasons to Stay Indoors』)は、ちょっと仰々しいところがあった。Frodeは、僕と違うアイデアを出してくれるから、彼との仕事はすばらしかったよ。FrodeはiPodにいろいろ面白い音楽を入れてるんだよ」とポール。

ニュー アルバムのリリース日時はまだ未定ですが、ファンは来年、ポールとローレンとフロードの3人に会うのを楽しみに待つことができます。1998年4月21日 のニューヨークのBrowniesでの公演以来6年ぶりに、2004年8月にオスロで開催されるØya Festivalでカムバック・コンサートを行います。

「僕たちは、Savoyとしてはあまりノルウェーでライブをしてこなかった。特に 1997年の『Lackluster Me』ツアー以降はほとんどライブをしていない。でも、またノルウェーでちゃんとしたツアーをしたいと思っているよ」と、ポールはダーグブラーデ紙に語り ました。

リンク:

http://www.oyafestivalen.com/band.php?id=190&popup=yes…
http://pub.tv2.no/TV2/underholdning/musikk/article162757.ece…

Category: Article