a-haが2015年のロックインリオで再結成ライブ

a-ha return to Rock In Rio for a very special 30th anniversary concert
1985年はモダン音楽の歴史上に残る二つの名前が誕生した年でした。伝説的ノルウェーのバンドa-haがデビューし、成功を収めました。そして、世界的に有名な音楽フェスティバル、ロック・イン・リオが初めて行われました。1991年、a-haは初めてロック・イン・リオに出演し、マラカナン・スタジアムの19万8千人の観客の前で演奏しました。有料チケットの観客動員数としては世界記録を樹立しました。
2015年はロック・イン・リオとa-haにとって30周年にあたる年です。a-haへ、二回目の出演の誘いがありました。2015年9月、a-haはロック・イン・リオに帰ってきます。特別なコンサートになることが約束されました。

モートンはステージに上がった時のことをよく覚えています。「畏怖の念を抱く眺めだった。蒸し暑いリオの夜。ステージの上から20万人の力強い、美しい、熱烈な観客を眺めた。僕が知っているブラジルと南米がすべてその場に凝縮されていた。平等意識と一体感をいつも感じる。謙虚な気持ちになる。」
ポールにとっても観客は特別な存在のようです。「 当時、僕らはEast of the SunやMemorial Beachのような内省的なアルバムをリリースした。エネルギーの爆発と僕らの曲を聴くために集まった大勢の人々は曲とすごく対照的だった。」
「1991年のマラカナン・スタジアムでの巨大なコンサートは、a-haのキャリアのクライマックスの一つだ」とマグネ・フルホルメン。リオで再び2015年に演奏する機会を与えられて断るわけにはいきませんでした。「フェスの30周年を祝うと聞いてこの依頼を断れなかった」とマグネは説明します。「さらにバンドの30周年記念と重なっているなんて。1000年ぶりのすごい波が岸に押し寄せてきている気分になった。引退したサーファーでもサーフボードの埃をはらって水の中に入るだろうね。」

タイトルとURLをコピーしました